FC2ブログ
> onload="invisibleLinkLine()" id="top" name="top">
<< ビスクドール28 :: main :: ビスクドール26 >>

ビスクドール27

美作邸

あきらの元に中島エンタープライズの詳しい資料と
中島家についての詳細な資料が届いた。

「若、遅くなり申し訳ありません。」

「あゝ急がせて悪かったな?矢代、それで何か分かったのか?」

「この3年で随分業績を伸ばしてる会社のようです。
企業や団体の社内デジタル化システム開発が主なる業務です。
本社は港区芝・・・そこに自社ビルを建てたのが
社長は中島尊27歳、中島海の兄です。
尊は独身、3年前に父親から社長に代わってから
業績が桁違いに伸びてます。
会長が中島一久60歳 副社長が妻の薫41歳」

「変じゃないか?会長の妻が41歳だって息子の歳が合わない?」

「今の一久氏の妻は後妻です、長男尊氏の母親は病死しています。
海さんの、母である薫さんと結婚したのは海さんが1歳の時で
海さんの父親は一久氏ではありません。」

「連れ子って事か?」

「ですが・・噂によると一久氏も尊氏も海さんを目の中に入れても
痛くない程の可愛がり様らしいです。」

「血がつながらない家族か・・。それで道明寺との繋がりは?」

「2年前からです、社長が尊氏に代わってから道明寺と業務提供を
始めたようです・・。」

「海はどこの学校だ?」

「それが・・絵夢様芽夢様と同じ学校に・・」

「白梅学園か?」

「はい、幼稚舎から高校まで通われています。」

「それで、司と海はいつ知り合った?」

「はい、1年ほど前にパーティーでーお会いになってます。
自社ビルのお披露目パーティーだそうです。」

「1年前?」

「その時に、司様が中島海さんのドレスをワインを掛けて汚して
プレゼントしたと報告されています。」

「それは事実か?」

「それについては、今裏を取ってます。」

「司と海は1年前から知り合いだった?
その頃は、もう司は牧野を好きだった筈・・類と喧嘩までしたくらいだ。」

あきらは、早速総二郎にこの事を知らせた。



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿












 |   | 

y>>